トークイベント内容をその場で「イラスト」と「文字」で描いていく「イラスト議事録」というか、そんな感じのもの。

毎回している説明文。

いまでは「グラフィックレコーディング」が盛り上がっているので、さほど珍しくないのですが、歌の記録方法はアナログ。A1サイズのクラフト紙を折りたたみA4サイズにして記録スタート。左から右、その時間軸のルールだけでボールペン1本で1イベントを全部、その場でぶっつけ本番で記録、だいたい2時間程度のイベントがA1サイズに収まるように、描いていきます。

2017年に参加したMaker Fair Tokyo 2017での展示の様子
デジタルファブの展示が多い中、とてもアナログなブースでした。

翌日・翌々日くらいまでに、データ化して納品、のところまで行っています。
どうしても誤字脱字、解釈違い的なものは発生することもありますので、ご依頼者への確認・修正対応も行います。

これまでの実績

事例)まちづくりワークショップ議事録・発表会記録・結婚式イラスト記録など

内部資料に使われることも多いので、あまり一般公開されることが少ないのでご紹介できるところが少ない……!!!(依頼が少ないわけでは決して無いハズ……)
その中で、こちらはスタートから継続的にイラストリームを行った事例となります。

参考:O!MORO LIFE ワークショップ01 のイラストリーム

自主イラストリーム
(トークイベントに勝手に行って勝手に描いてるもの
(画像準備中)

歌工房とは のページへ戻る